お知らせ
<< お知らせ一覧へ戻る

新たな調査研究の開始と国際シンポジウムの開催のお知らせ

IIRSでは、平成18年度下期より、一般財団法人 新技術振興渡辺記念会からの助成を受けて、種々の調査研究を行って参りました。今年度もお陰様で同記念会の平成30年度下期科学技術調査研究助成をいただくことができ、IIRS会員であられる光岡 薫先生(大阪大学教授)を代表者として、「生体試料構造解析のためのクライオ電子顕微鏡法の現況と将来展望に関する調査研究」を開始する運びとなりましたことを、皆様にご報告申し上げます。

折しも10月25日(木)には、東京大学理学部本郷キャンパスにおいて、国際シンポジウム”The Cryo-EM Revolution and Future Breakthroughs”が、開催されますので、ご案内申し上げます。2017年のノーベル化学賞受賞者のお一人の、Richard Henderson 先生も招待講演者のお一人として参加されます。去る6月のIIRSセミナーでも、IIRS会員吉川雅英先生(東京大学医学部教授)にクライオ電顕のご講演をいただきましたが、IIRS会員の皆様におかれましては是非この機会にもご参加下さり、クライオ電子顕微鏡法の国際的な現状について、ご理解いただければ幸いです。

”The Cryo-EM Revolution and Future Breakthroughs”
日 時 2018年10月25日(木)
場 所 東京大学理学部本郷キャンパス
詳細は、下記アドレスよりご参照ください。
http://structure.m.u-tokyo.ac.jp/cryoEM_symposium/
▲ページtopへ
<< お知らせ一覧へ戻る